お知らせnews

M様邸リノベーション工事 その⑬

こんにちは

現場担当の岩村です!

今更ながらシン・ゴジラを見ました。

こういう怪獣物は大好きでよく見るんですが、

公開時に見逃したのと話題になりすぎてて

なんだか後追いで見るのが悔しくなってしまい

今までひっぱってました(;・∀・)

でも、シン・ゴジラすごく面白いですね。

小さいころからゴジラとかはよく見てましたが、

このシン・ゴジラは一風かわってました。

今までのゴジラって色々な伝説とか伝承で名前が

伝わっててそれなりに知られてたり

そうじゃなくても物知りなばーちゃん役が

ゴジラの事知ってたりするってのが定番ですよね。

でも今回はゴジラって存在を誰もしらないし、

人類だったり地球の味方だったりもしなければ

大いなる意志的ななにかも全然ない。

ただひたすら生物的に進化していって

それが人類の脅威になるという理由で排除されちゃう。

それにものすごい政治色が強いのも特徴ですよね。

あー日本の政治だとこういう時こうなるよねー

な気分で見てました。

こういう時には対応遅いんだろうなと思ってましたが

総理にたどり着いて決済もらうまでがあそこまで

大変だとは思ってませんでしたよ。

リアル路線だったし実際の動きもあんな感じに

なるんでしょうね。

あの体制は平和な時にはいいんでしょうけど

災害時はこれじゃいかんのやなって思いました。

 

一風変わったゴジラですが結局はすごく楽しかったです。

これを中学生や高校生の時に見たらアクション要素不足で

楽しくなったかもしれませんが、今の年齢だとこれくらいの

リアル路線もいいもんですね。

最後にすっごく気になる終わり方してたので

続編があるならぜひ見てみたいです。

ちなみにゴジラ全然関係ないですが、

パシフィック・リム

ってやつが怪獣映画では一押しです。

何も考えずに最高に気持ちよく見れます。

 

 

・・・・・・・ってこれM様邸の工事の紹介でしたね。

書いてる最中に完全に別方向にいってました(*’▽’)

工事自体は順調です。

リフォーム要素が減って新築の工事内容に

近くなっていってます。

リフォームといっても最初から最後まで

リフォームって感じではなくて、

きっちりした下地が出来れば後は新築と

そこまで変わりません。

 

これはフローリングを貼り終わって

小上がりの畳間を作っている写真です。

M邸 リフォーム

奥に置いてある箱は掘りごたつの本体で、

この箱を床上げした部分に埋めます。

手前のフローリングが見えている部分は

畳下の引出収納をつける部分です。

掘りごたつ為に小上がりの畳間にしましたが、

ただそれだけだとスペースが勿体ないので

床下引出を作りました。

M邸 リフォーム

洗面室側にも引出がついています。

ただこれ、最初から作るって決めておかないと

後から追加で作るのは難しいです。

床上げの問題とかではなく耐震性の問題が出ます。

この写真の収納がついてる部分はスペースが空いてますよね?

これは壁が天井の梁から床下の土台(大引き)まで

届いていないということで、

つまりは建物の耐震性能としては考慮できない、

という事になります。

元々この部分の壁の耐力を耐震計算に入れている場合、

この壁はちゃんと天井から床までおろさないといけません。

勿論計算しなおしてOKならばいいんですが、

この工事の段階で耐震壁を調整したりというのは

難しい場合が多いです。

今回は最初のうちからこの要望を頂いていたので

特に問題なくやれています(*’▽’)

 

 

以上、色々と混ざったリポートでした!